入学祝いのランドセル購入なら、安心の百貨店の通販を利用するのが賢い。2017年版

ランドセルは百貨店の通販で

夏休みのころにテレビのランドセルCMは増えますね。
保育園や幼稚園のこどもたちも夏休みにおじいちゃんおばあちゃんのいる田舎に帰省したりしますから、ランドセルのコマーシャルを流せばけっこう反応がいいんですね。
小学生男子ふたり
百貨店の売り場でも7月ころにランドセルの新作が並び始め、夏休みには大々的にランドセル売り場が活気づきます。
ランドセルって6年間もこどもが毎日休まず使うものですから、雑な作りじゃあたまりません。
だからそれほど安くはない。
おじいちゃんおばあちゃんに出資してもらえば助かりますよね。

夏休みにCMを流していることでもわかるように、秋口にはすでに売り切れるランドセルもあります。
年が明けてから買おうと思ってのんびりしていると、もう店に行ったときには、ちょっと微妙な色合いのランドセルやコストパフォーマンスの悪いランドセルしか残っていないこともあります。
買いそびれると妥協しなければなりません。
思ったときに注文しておいたほうがいいと思います。
そして、ランドセルを選ぶならお店でなく、インターネットの通販サイトを利用するのがよいでしょう。
あなたも経験があるはず。お店で選んでいると店員さんがくっついてきてあなたのためというより、自分が売りたい利益の大きい品物を薦める。なんてこと。
さらに、ネットだとそういう店員さんをやとっておく必要がありませんから、同じものが値引きされます。
WEB特価・オンライン限定価格などという表記が頻繁に見られます。

さて、ランドセルにはいろいろなメーカーがあり、値段も様々です。
school bag / ランドセル
school bag / ランドセル / Kanko*

ネットの通販サイトにも数えきれないほどのランドセルが売られています。
楽天市場を開くだけでも何万ものランドセルが・・・。
こどもの背中はたったひとつなのに・・・・ネ(笑

なにも基準がなければ、どうやってランドセル選びをすればいいのやら途方に暮れることでしょう。
失敗のない確かな品質のランドセルが選びたいなら、まず大手百貨店の通販サイトを見てみるのがいいでしょう。
大手百貨店はブランドがかかっておりその名を穢すことはできませんから、総じて品質が高いです。
しかも百貨店は最近できたようなネットショップとは違い、遥か昔からランドセルを扱っています。
ややこしい品質のランドセルメーカーは扱いません。
量販店で激安になるようなランドセルは並びません。
特に入学の御祝いとして贈るランドセルなら、百貨店で選ぶのがいいでしょう。
量販店に売っているようなランドセルでも「百貨店モデル」「百貨店仕様」などいった特別仕様になって工夫が凝らされていたりします。少し値段は上がりますが、チェックしてみてください。納得できるものになっているはずです。
大手百貨店、たとえば三越・伊勢丹・大丸・松坂屋・高島屋・東急・京王・小田急・阪急・阪神・近鉄・遠鉄・名鉄などたくさんありますが、まずはあなたのごひいきの百貨店の通販サイトを開きましょう。
その百貨店のクレジットカードを持っているのであれば、忘れずに決済に使いましょう。ランドセルは比較的大きな買物ですので、ポイントがたくさん溜まりますから。
もし、いつも利用する百貨店がなければ、高島屋・三越・伊勢丹・大丸のサイトを見てください。選択肢が豊富です。
》 》 高島屋のランドセルを見てみる

ランドセル通販情報

小学校受験で成功するしつけ

小学校受験、いわゆるお受験ですが、ご存知のように学力がどうというより、人間としての基本的なしつけが合否に大きく影響します。

小学校

親になってはじめてわかることですが、親が当たり前にできる、身に付いていることをこどもに定着させるのは意外と難しいもの。
何度も何度も言い聞かせても何故か身に付かないことは多いはずです。
自分が当たり前にできることを教える難しさ。感じていることでしょう。
親ってたいへんです。


小学校受験に合格するために必要なしつけは、こんな基本的なことです。

普通の言葉遣い。
普通のあいさつ。
ありがとう、ごめんなさいが言えるかどうか。
良い悪いを理解しているか。


基本的ですが、そこをしつけきっているかは重要です。

大事な場面で地が出てぞんざいな言葉使いをしてしまえば、普段はそのような言葉をしゃべっているこどもだとレッテルを貼られます。

あいさつが自然なかんじではきはきとできるかどうか?
これも普段していないと、上手にできるはずがありません。
でも小学生になるくらいだと、恥ずかしさもでてくるようになるますので、もじもじしてしまい、小さい頃にはできていたあいさつができなくなっていることもよくあります。

社会生活ができるこどもであるほうが、こどもを預かる側としてはうれしいに決まっています。
扱いやすいからです。
コントロールしやすいからです。


でもそれがお受験というものです。
あとでずっと社会生活に役立つことですから、小学校受験対策として、しっかりこどもをしつけましょう。損をしない人間になります。


ランドセルは誰が買う?誰が贈る?

ランドセルはおじいちゃんおばあちゃんが買って贈ることが多いです。
またはおじいちゃんおばあちゃんがお金を出して、お母さんと本人で決めることも。

ここでよくあるのは、両方のおじいちゃんおばあちゃんが健在の場合。

たった独りの孫のランドセル
「あたしが買ってやる」「いやこっちが買ってやる」
と、もめることもあるそうです。

そのへんはお父さんお母さんがうまくジジババをコントロールしくてはなりません。

なにも入学式までに必要なのはランドセルばかりじゃあありません。

「ランドセルはあちらのおばあちゃんが決めてくれたみたいだから、ぜひ学習机を買ってくださいな♪」
なんていってついでに高い学習机をゲットしてしまいましょう。

まあ、どうせコントロールするならうまく言いくるめて両方とも現金にさせてしまうのも賢いですね。

現金ならもうこちらの思うつぼです。

ランドセルも学習机も買って、まだいろいろ買えるかもしれませんもの。

こどもにはまだまだ莫大なお金がかかります。
ジジババ力は感謝したうえで、上手に利用しましょう!!

小学校の入学式の際の服装

いいランドセルを買っただけでは小学校の準備は終わりません。
一過性のことではありますが、小学校の入学式には当の本人である新1年生もその親御さんもそれなりの格好をしなければなりません。
どのような服装が良いのでしょうか?はっきりとイメージできますか?

百貨店などのランドセルの特集コーナーの近くには必ずお手本になるような親子の服装が展示されています。
ひと目でもその特設コーナーを眺めればだいたいの傾向はわかるでしょう。
わかってしまえば、普段着ている服の中からそういった服を選べばよいだけですね。
自分の好みがある程度入っていても問題ありません。
親が入学するわけではありませんので。
黒いフォーマルスーツではちょっと春らしくないので、派手すぎず明るめのスーツやワンピースなどがいいでしょう。
着物のおかあさんが多い土地柄もあります。
あなたのまわりはどうですか?

さて、次は新1年生の服装です。

もちろん制服があれば制服です。ラクチンです。悩まなくて済みます。

多くの小学校の場合は制服はありません。
アメリカと同じです。


ここ最近は、やっかいなことに男児も女児もフォーマルスーツが人気。
フォーマルが多い中に、超普段着が混じるとなんとなくみっともない。難儀ですね。

フォーマルスーツは入学式1回しか着ないのにもったいないと感じるかもしれませんが、意外とそれ移行も出番があります。
結婚式に、発表会に、七五三もいいですね。
お葬式にも・・・・。
少し大きめのフォーマルスーツを一着用意しておけば、いざというとき焦らなくて済みますね。

ランドセルの人気の色(女子)

女の子に人気のランドセルのカラーはピンク。
特にこどもさんが自分で選ぶ場合はピンクになる傾向が強いです。園児受けしますからね。
ランドセル女子
レッドも根強い人気ですが、これって人気というより結局最後に落ち着くカラーまたは親やおじいちゃんおばあちゃんに刷り込まれた色だということで、本当はピンクやチェリー、セピア、パープルなどもっと冒険したいのかもしれませんね。

ランドセル

実際、以前より赤を選ぶ人は減少傾向です。逆に伸びているのはパープル系です。
パールピンク・ベビーピンク・ホットピンク・ジュエルピンク・パールホワイト・パールラベンダー・ロイヤルローズ・カーマイン・ピーチ・フランボアーズ・コーラル・アクア・パウダーブルー・チャコールグレー・ワイン・ラズベリー・チョコ・モカブラウン・モカキャメル・エメラルド・プリュムグリーンなどなどカラーの呼び名も色々あります。

ランドセルのカラー

縁取りの組み合わせを考えれば色だけでも何万通りもあるというわけです。
でもこどもの背中はたったひとつ。
迷うのは当たり前ですね。


親が心配するのは、あまり突飛なカラーだと集団の中で目立ってしまい、変な人に目を付けられないかということでしょうか。
近年なら、ピンク系ランドセルの女の子は多いので、その点は安心です。

女の子に人気のランドセルブランドは、メゾピアノ・シャーリーテンプル・ベベ・オリーブデオリーブ・バービー・スリークラウンなど。

ランドセルの素材(牛革かクラリーノかコードバンか?)

最近のランドセルの素材は大雑把に分ければ牛革かクラリーノ。
クラリーノは人工皮革のことです。
見たかんじも若干違いますし、その違いは使い込むうちに差がでてきます。
なんでも良ければクラリーノを選びましょう。
素材が強くあまり見た目は変わらずピカピカの印象が6年続きます。

牛革とコードバン(牛革とコードバン。写真ではわかりにくいです)
牛革は使い込むと味が出ます。 その味が好みがどうかは意見の分かれるところですが。大人好みの質感が生まれます。いわゆる渋い光沢が出ます。(こどもさんにとってはあんまり関係ないですけれど)


コードバンのランドセルもあります。
特別に強いウマのお尻あたりの皮のランドセルです。
とてもおすすめできるものですが、さすがに希少部位の皮を使っているだけに値段が張ります。
(値段が張るといっても2万円も変わりませんが。ランドセルの値幅はあまり広くないのです)


見た目を気にしないならやっぱりクラリーノでしょう。
型くずれしにくい・軽い・水に強いなど、ランドセルに必要不可欠なポイントをおさえていますから。
デザインも圧倒的に豊富です。

ランドセルのカバー(ランドセルを雨や汚れ、傷から守る)

ランドセルのカバーランドセルを買うときに同じメーカーのものを買うと失敗が少ないです。
最近のランドセルは少しずつ大きさが違いますから、カバーも揃った大きさのものがいいですね。
ブカブカだったり、ランドセルとほぼ同じ大きさだったりすると、使いにくいです。
ゴーシュコラ かわいい レインカバー ランドセルカバー  フラワーピンク 400689801
ゴーシュコラ かわいい レインカバー ランドセルカバー フラワーピンク 400689801
もちろんお母さんのお手製のものでもいいかもしれません。
まとめサイトにも記載がありますので参考にしてみては?》 》 手作りランドセルカバー

カバーはランドセルと同系統の色でシンプルに合わせるのがよいですが、取り替えがきくものなので、ちょっとデザインに凝ってもいいですね。(逆にランドセルはシンプルなほうがいいです)
1年生のうちは黄色いランドセルカバーが必須の小学校もあるでしょう。交通安全協会が作っているあの黄色い目立つもの。

撥水効果の高い素材を使った高性能のランドセルなら雨カバーも不要かも。


カバーのほかにあると便利なものは背中の部分に貼付ける汗とりパッドです。
小学校までの道のりが長いこどもさんはぴったりフィットするランドセルはむれてツライです。
汗とりパッドをつけておくと、だいぶんその辛さが緩和されます。汗っかきのこどもさんには必要です。
クールでドライな清涼ランドセルパッド ブルー2枚セット(ランドセル用ムレ防止パッド)
クールでドライな清涼ランドセルパッド ブルー2枚セット(ランドセル用ムレ防止パッド)
肩ベルトにつけるショルダーパッドもあります。
手作りの布製でも良さそうなものですが、こういったものは素材勝負で、汗はとって水分は逃がしてしかも接触冷感を与えてくれるような素材になっていますので、手作りでは敵いません。


まあ、家から学校が近ければ、がまんさせるのもありですね。


ランドセルの人気の色(男子)

男の子のランドセルの人気の色はやっぱりブラック
男の子のランドセル
これってホントはみなさん個性的な色が欲しいなあと思いつつ売り場を回ることが多いのですが、
あんまり他の子と違いすぎて目立ちすぎるのも怖くて結局最後に黒に落ち着くことが多いのです。

親というものは子供が学校で浮いたり、いじめられたりする種を作りたくはないですから。
なにかと心配なことが多いですから。
学校へ行っているあいだは、息子さんがどんなふうに友達や先生と過ごし、どんなふうな立ち位置にいるのか見ることができません。本当に心配なものです。ときには悪い想像が止まらないこともあるはずです。

で、やっぱりランドセルはみんなと同じ黒。

ちょっと冒険をしたところでは、ネイビー、キャメル、ブラウン、濃いブルーなど。
どれも黒系ですね。


売り場にはレッドやパステルブルー、パープルなどのランドセルもあり、とてもかっこいいのですが、なかなか思いきって買う方はないようです。
6年間レッドというのは難しいかもしれません。
レッドが欲しいならブラックにレッドのステッチ程度にしておくほうがよいかもしれません。

男の子に人気のランドセルブランドは、プーマ・ナイキ・スリークラウン・オロビアンコなど。
小学生男子ふたり


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0